ということで、、、

新作を探しに行ってきましたが、、、さすがにレザーダウンジャケットは見かけませんでした(笑)さすがにレザーダウンジャケットを買うには暑すぎますからね、、、ダウン系はさすが10月にならないと出てこないのかもしれませんね。今年もレザーダウンジャケットが必要なくらい寒くなってくるのでしょうか?毎年暖冬ですからね、、、やっぱりレザーダウンジャケットは寒い時に着るのがいいですよね。ただ、電車の暖房は控えめにしてくれないと電車の中で汗をかいて風を引くことになります(笑)

とりあえずはショートダウンでも手に入れて秋口はしのぎましょう♪今狙ってるのはこちら。

 

こんなに暑いのに、、、

レザーダウンジャケットを検索(笑)さすがにネットショップがいっぱいあるのでいろいろと出てきます。ダウンジャケットだとフランスのブランドが多いですね。っても探してるのはレザーダウンジャケットなのでってググったら前にも書いたことのあるお店が、、、やっぱりいいお店っていうのは検索でも出てきやすいのでしょうか?しかも何か破格のレザーダウンジャケットを扱っている模様。あまりの安さにびっくりです。(笑)さすがにダウンの新作が出てくるのは10月くらい?なのでそれまではしばらく様子を見ることにしましょう!!

レザーライダースジャケット

古き良き時代のワークスウエアをベースにしながらも、復刻するのではなく、あくまでも現代的な素材やシルエットでモダンに作り上げているレザーライダース専門店 ハルフレザー。 ディレクターのKOJI氏とともに双璧を成すTOMONARI氏も大のビンティージ好き。特にレザーアイテムに強く、市場には出ない数多くのスーパービンティージのレザーライダースを所有している。もともとヴィンテージのレザージャケットに興味を持ったのはレザーのライダースジャケットからだった。今はバイクに乗っているが、以前は乗っていなかったので、着ている自分に多少の違和感を持っていた。正直、ダブルのレザーライダースを着て電車に乗っている時に違和感を感じていたそうだ。 30年代のヴィンテージ・レザーライダースジャケットに多く使われているホースレザーの質感に個人的に興味を持っているとの事。当時は車が普及し始めた時代でそれまで交通手段のひとつであった馬が処分されていたという。その影響なのか、馬革ホースレザーがライダースジャケットの素材として普及されていたのだとか・・・。ヴィンテージのレザー・ライダースジャケットは集めるものではなく、あくまでも着るもの・・・。着こむことにより一層の魅力がでるのがレザーのライダースジャケットの魅力。と言っておりました。今年の新作としてやはり、馬革・ホースハイドのライダースに力を注ぎこむとのことで、特にルイスレザーのようなカラーリングを目指し、おしゃれでスタイリッシュなライダースをリリースするそうです。ヴィンテージタイプの風合いを取り込み、現在のシルエット加工を施したしたバイカーにもタウンユースにも対応するライダースジャケットに仕上げるのが目標との事です・・・。 ライダースの代表的なシルエットは

1、シングルライダースジャケット

2、ダブルライダースジャケット

3、トラッカータイプライダースジャケット

4、スポーツジャケットライダースジャケット です。

The Bike old

アジのある写真

Haruf レザーの新作

Haruf レザーはこの秋の新作でとうとうレザーダウンジャケットのハーフコートタイプを発売するとのこと。

シンプルなデザインながら、高級本物素材の革をセレクト。ラムレザーの高級素材に加えダウン比率も

ダウン90%、フェザー10%という高級バージョンレザーダウンジャケットをリリース。

色はブラック&ネイビーの2色を用意。

レザージャケットのデティールは取り外しができるフードを採用。ジップにて簡単脱着仕様。

あえて、ダウンジャケットの中綿ダウン量を抑えてシルエットを重視。

しかし、温かさは変えないように配慮されている。

このダウンレザージャケットの魅力はビジネスシーンからカジュアルな装いまで幅広い

着こなしが楽しめること。ぜひ、この冬は高級本革 レザーダウンジャケットをゲットしてください。

いい店みつけました!

この前、webショップでレザーダウンジャケットをいっぱい扱ってるお店を見つけました。ファーが付いているものからいろいろあって全部本物のレザーダウンジャケットでした。今年も新作レザージャケットがどんどん入荷予定とのこと。またプレゼント企画も充実してるのでちょくちょくチェックしないと・・・。ぜったいにレザーダウンジャケットがプレゼントにでたら応募しよう・・・・・。月に1枚のプレゼントだから当たらないかな?

レザーダウンジャケットから羽毛が出る

レザーダウンジャケットから最近ダウンが少量ですが出てきます。
これはいろいろ聞いてみたんですがダウンジャケットのダウンは出てくるのはしょうがないことだ
そうです。理由はステッチの縫い目などのすごく小さい穴からでもダウンは出てきてしまうらしい
んです。山登り用のアウトドア対応のダウンジャケットでも少しは出るそうです。
たしかにレザーダウンジャケットを買ったときに付いていたタグに書いてありました。
そのタグの内容です。

<表>
ダウン(羽毛)はデリケートな生き物です。
ダウン本来の優れた性質を維持するために最小限の通気性が必要になり、
ダウンの若干の吹き出しは避けられません。
針でつついた様な小さな穴からでも吹き出してしまいます。
吹き出したダウンによりレザージャケット表面が汚れて見える場合、
エチケットブラシ等によりレザー表面を強く摩擦しない様に取り去ってください。

<裏>
万一穴があいた時は、市販の補修用テープでふさいでください。
また、縫い目からダウンが飛び出ていたら、引っ張らずに表地をかるくつまんで
押し戻してください。以下、長いので省略。

これ、市販の補修用テープってなんでしょね。レザーダウンジャケットなんだから・・・。
普通の生地のダウンジャケットではないので専門のレザージャケットのお店に頼むしかありませんね。
まぁ、WEBのなかでレザーダウンジャケットをいっぱい扱っているHaruf leather に頼めば、
なんかしらの修理はしてくれると思いますよ。

レザーダウンジャケットの最近

「レザーダウンジャケット」と言えばキムタクがヒーローで着ていたラムレザーダウンですよね。
あの形はフェイクレザーでもいっぱい売っていました。でも良く見るとビミョーにデザインが
違っていたりして・・・。キムタクが着ていたのも初期型より2代目のほうが時代を反映しているのか
肩幅や見幅が細くなってカッコ良くなっていましたね。もちろんキムタクだからかっこいいのですが・・・。
色もあのキャメル色と言うかダークキャメルと言うか、いい色ですよね。なかなかあの色に近い、
レザーダウンジャケットは売っていませんね。特にラムレザーでは。

そういえば、昨年あの色のレザーダウンジャケットをあまり見かけなかったような気がします。
気のせいでしょうか? なんか、ライダースの形をしたレザーダウンジャケットはよく見たのですが。
おもわず、自分のレザーダウンジャケットと比べてしまうのは、私だけでしょうか?  

ミリタリーのレザーダウンジャケットタイプも最近売っていますね。
しかも結構安い。まぁ・・・、丸井さんとかで売っているアルファ社とかのN3Bジャケットは比較的に
安いんですけど、本物の軍隊仕様のものはけっこう高い。3万円以上します。
しかも中綿はポリエステル。
それなのに、WEBのショップさんでは本物のレザー版、N3Bが同じ3万円~4万円。
ええ・・・。本物のレザーを使った物なのに・・・・しかも中綿は本物ダウン。ポリエステルでは
ないんです。驚きです。

レザーダウンジャケットとは

レザージャケットはいろいろなデザインがあります。バイカー用のレザーライダースジャケット。
アメリカ空軍や陸軍のパイロット用のフライトジャケット。
これもまた、アメリカ軍隊発のムートンジャケット B-3。
そして最近良く見るレザーダウンジャケット。

バイカー用レザーライダースジャケット
これもまたアメリカンタイプのライダースジャケットからユーロタイプのライダースまで幅広い。
アメリカンタイプはイメージ的にハーレー。UKタイプはトライアンフかな?。
私としてはUKタイプのレザーライダースジャケットがお気に入りですね。
ルイスに代表されるUKレザーライダースジャケットはシルエットが細身できれいだから。
機能的にはショットの定番シングルライダースジャケットの様に、背中にアクションプリーツが
あったほうがバイクに乗った時にすごく楽ちんなんですが、街着で着る場合後ななめからみた
感じがなんかなぁ~・・・と・・・だれもわたしのことなんか見ていないのにね・・・。

ルイスのレザーライダースジャケットは高いけど革もそんなに厚くなく着やすいですよね。
背中なんかもアクションプリーツなんて付いていないし・・・。
赤とかブルーとかカラーもレザーライダースジャケットにしてはおしゃれだし、なかなか、
黒&茶以外の色ってないんですよ。値段が高いからお店の人も仕入れないのかな?
でも、本物のレザーを使ってハンドメイドなんだからレザーライダースジャケットは高くて
あたりまえなのかな・・・。

ダウンの知識

レザーダウンジャケットに入っているダウンは種類はあるんだろうか? 
という疑問を持ったので調べてみました。
通常レザーダウンジャケットに使われるダウンは「ダック(アヒル)」か「グース(ガチョウ)」
だそうです。ダウンとしてはグースのほうが高級品だそうです。

先日、レザーダウンジャケットを買い付けに行くという友人と飲みました。よっぱらった勢いで
おれも行く!・・・と。2週間後、中国の某地域に私はいました。友人に付いて本当に行って
しまいました・・・。いろいろ勉強になりました。
レザーダウンジャケットに使うダウンは通常ダックを使うそうです。グースは高くてなかなか、
使えないそうです。お金を出してくれたらなんでもつくるよーー。といっておりましたが・・・。

ダウンで一番高いのはなに?と聞くと「アイダーダック」かなと。
アイダーダックはアイスランドやグリーンランドの海岸のみに生息している水鳥で「アイダー
ダック」と呼ばれている水鳥だよ。と。そして、近年すごく入手するのがむずかしく、また
偽物もおおいので中国では買わないと・・・。実際そのようです。

日本にてネットで調べたらアイダーダックの羽毛布団で100万円以上しました。おそろしや。

あったかければ・・・、普通のダックでいいですよね。だってレザージャケットだけでも、
暖かいのに、それにプラスダウンが入っているレザーダウンジャケットだからね。
でも、なんでこんなにレザーダウンジャケットはあたたかいんだろう?・・・・。

ミリタリーのダウンジャケット

レザーダウンジャケットはHaruf レザーさんが品揃えが豊富ですよ。
もうそこまで揃えるの?って感じですね。特にミリタリーテイストのレザーダウンジャケット
が多く、N3B、N2Bを代表に、フードに本物ファーを使った物が多いのも特徴ですね。
だいたいのフードデザインレザーダウンジャケットはまず、フード部分が外せます。
バイク乗るときのヘルメットの邪魔をしない様に配慮されています。また、そのフード部分の
ファートリミング部分のファーも取り外せます。
ようするに、 

1、普通のフル装備のフードファーレザーダウンジャケット。

2、フードのファーのみ取り外したレザーダウンジャケット。

3、フード本体を全部取り外したシンプルなレザーダウンジャケット。

これなんとなくですが、すごいんでないかと・・・。
カジュアルなカッコのときはフル装備。少しきれいめの時はファーだけ取外し。
バイク乗るときはフードを全部はずして。

また、このレザーダウンジャケットのすごいところは、全ての脱着が片手一本で出来て
しまうこと。フードレザー部分はファスナーを外すだけ。
フードレザーのファー部分はドットボタンで「パチパチ」っと、すぐ取れるし、またすぐ付けられる。
こんな着まわしのきくレザーダウンジャケットはあんまりないんじゃないかな。
アフターフォローもいい感じだし、お店のスタッフも対応が良くて、品揃えが本物のレザーしか
取り扱わないみたいだし、みなさんも一度見てあげてください。     haruf-leather.com