高級素材・鹿革レザージャケット

ディアスキンのライダースジャケット勧め

鹿革は高級素材・・・レザージャケットのなかでは一番・・・ 鹿革の歴史・・・

鹿革は歴史がとても長いらしく古来から使われている自然素材だ。 ディアスキンは軽くて丈夫で柔らかいので加工がしやすく、昔からごく自然に生活の中に取り入れられていた。 自然のなかで縦横無尽に走り回る鹿革はキズが多いのも特徴の一つでそのしぜんきずが本物の証。 カウレザーやラムレザーに比べて価格が高いのであまりなじみがないが、最も古くから使われてきたのが鹿革だ。 近年では自然の鹿が減少しているのでディアスキンはとても高価なものになってしまっている。 ディアスキン・鹿革レザーは、「レザーのカシミア」といわれ、レザーの中でも最高級な素材になっています。 その最高級素材・鹿革をつかったレザージャケットを検索してみた。 まず、新作ハルフレザーのディアスキンライダースジャケットが安い。 鹿革のライダースジャケットの相場は10万円から20万円以上のものがほとんど。 このハルフレザーのライダースジャケットはお勧めだ・・・。

Deer Jackets uk2Haruf-Leather Shop  

価格、仕様ともに満足の域に達するものだ。 デザインはルイスレザーのものを基本にしているようだが、素材に日本製の鹿革を持ってくるとは「さすが・・・」という感じだ・・・。日本製の鹿革クオリティーは世界のなかでもトップクラスと言われている。やはりなめしの技術がものを言うのだろう。このレザージャケットの鋭いところはやはりサイズ感だろう・・・。 タイトでカッコイイシルエットはハルフレザーの物作りの特徴・・・。 こだわったレザージャケットのシルエットはハルフレザーのレザージャケットが売れている最大の理由だ・・・。   鹿革レザージャケットの特徴 ディアスキンのレザージャケットは伸縮性があって革がやわらかいのが特徴なんです。鹿革のレザージャケットを買う時場合はワンサイズ小さめを選ぶことが鉄則なのです。レザージャケットを着用してみるとわかるが、体に吸い付くような着心地にびっくりする。革が適度に伸びるので体とレザージャケットがぴったりと決まるんです・・・着込む程に体に馴染んでくるのが自然素材のよいところ。フェイク素材とは大違い。鹿革のレザージャケットは着心地が最高・・・国産素材のディアスキンのレザーライダースジャケットは一度は着て見たい逸品・・・。

鹿革レザージャケットは水に強いのもすごい カウレザーやラムレザーなどのレザージャケットは水に濡れると縮むんですが、鹿革レザージャケットは縮まないんです・・・。雨にぬれてもへっちゃらなのが鹿革のいいところ。革が縮んでもすぐ元に戻るんです。また、鹿革のレザージャケットはお手入れもかんたん・・・。 鹿革レザージャケットはオイル補給が必要ない・・・ ディアスキンのレザージャケットの繊維にはオイル分が多く含まれているんです・・・また繊維がごく細ですごくいっぱいあるのでそれらが油分を放質を抑えるんです・・・レザージャケットでオイル補給が要らないのは鹿革とムートン素材だけでしょう・・・。両方ともに自然素材の高級品です。高級なレザージャケットにはそれなりの理由があるんですね・・・。 鹿革のレザージャケットは経年変化によって進化する優れ物レザージャケット・・・。 他の物と擦れる袖口や肘、肩のステッチラインなどが時間経過で色が濃く変わるんです。レザージャケット表面の色が濃くなり、自分だけの1着に育つ・・・。それが鹿革・レザージャケットの最大の魅力なんです。