レザーライダースジャケット

古き良き時代のワークスウエアをベースにしながらも、復刻するのではなく、あくまでも現代的な素材やシルエットでモダンに作り上げているレザーライダース専門店 ハルフレザー。 ディレクターのKOJI氏とともに双璧を成すTOMONARI氏も大のビンティージ好き。特にレザーアイテムに強く、市場には出ない数多くのスーパービンティージのレザーライダースを所有している。もともとヴィンテージのレザージャケットに興味を持ったのはレザーのライダースジャケットからだった。今はバイクに乗っているが、以前は乗っていなかったので、着ている自分に多少の違和感を持っていた。正直、ダブルのレザーライダースを着て電車に乗っている時に違和感を感じていたそうだ。 30年代のヴィンテージ・レザーライダースジャケットに多く使われているホースレザーの質感に個人的に興味を持っているとの事。当時は車が普及し始めた時代でそれまで交通手段のひとつであった馬が処分されていたという。その影響なのか、馬革ホースレザーがライダースジャケットの素材として普及されていたのだとか・・・。ヴィンテージのレザー・ライダースジャケットは集めるものではなく、あくまでも着るもの・・・。着こむことにより一層の魅力がでるのがレザーのライダースジャケットの魅力。と言っておりました。今年の新作としてやはり、馬革・ホースハイドのライダースに力を注ぎこむとのことで、特にルイスレザーのようなカラーリングを目指し、おしゃれでスタイリッシュなライダースをリリースするそうです。ヴィンテージタイプの風合いを取り込み、現在のシルエット加工を施したしたバイカーにもタウンユースにも対応するライダースジャケットに仕上げるのが目標との事です・・・。 ライダースの代表的なシルエットは

1、シングルライダースジャケット

2、ダブルライダースジャケット

3、トラッカータイプライダースジャケット

4、スポーツジャケットライダースジャケット です。

The Bike old

アジのある写真